led電球を購入する時は口金を調べてから

LEDは発光ダイオードと呼ばれる半導体で、LEDによる消費電力は低いと言う事もあり、様々な分野でLEDが使われています。

住宅の中にも従来利用されていた白熱電球ではなく、led電球が実用化されるようになりました。一時と比べると価格もだいぶ収まりつつありますが、それでもまだ高価な物と言えます。



led電球の良い所は、消費電力が少ない事の他にも、耐久性が高いことなどが挙げられます。

消費電力に関して言えば、led電球にすると電気代が約45%削減が可能(他の照明器具も合わせて)になると言います。
照明器具にかかる電気代がはたしてどれだけになるのかは定かではありません。


電気代は、洗濯機、冷蔵庫、テレビ、エアコンなど他の電気製品で利用している電気を含めていますので、照明器具だけで45%の削減が出来ると言ってもあまりぴんと来ないものです。
しかしながら、led電球にする事で消費電力が低下する事は理解出来るわけです。

そこで家の中にある照明器具をLEDにと考えた場合、そのまま電球を交換するだけで良いのでしょうか。



LEDは直流ではなく交流ですから蛍光灯などの場合は器具を交換しなくてはなりません。




また、電球を付ける口金が合わないと使えません。

これは電気店などでも商品が売られているところに明記されているのですが、どの口金であれば利用が可能かがかかれています。



そのため、led電球にしようと考えた場合は、最初に自宅の電球の口金を調べ、それをメモしてから電気店に行くべきです。
合わないものを購入してしまうと二度手間になりますから注意が必要です。

ledにすると電気代が安くなり、滅多に切れる事がありませんから長く利用が可能になります。
しかし、LEDは光が直下に集中する性質があり、光源となる横や後の発光は弱くなる傾向にあります。
これは白熱球では全体に広がるもののLEDでは発光特性が弱いと言うデメリットがあると言います。



そのため、将来的にこれが改善されると良いと言われています。

http://matome.naver.jp/odai/2141310266164679701
http://www.nisc.go.jp/security-site/smartphone/
https://www.goukaku.ne.jp/st.html