江戸川区でリフォームすると助成金が出る

subpage01

江戸川区にある住宅を、高齢者が生活しやすいように、バリアフリーのリフォームにしたいとお考えなら、条件があえば自治体から助成金が出る場合があります。

江戸川区の不動産買取情報に対応した情報サイトです。

対象となるのは、江戸川区に住んでいて要介護認定で要支援、要介護になっているのが条件です。居室、トイレ、浴室などに手すりを付けたり、廊下の段差をなくしたりすることができ、助成金の上限は200万円で、助成割合が8割から10割までの範囲で行われ、江戸川区でリフォームするなら、ぜひ活用したいものです。



他にも省エネリフォームと耐震補強の助成金があります。

省エネリフォームは、太陽光発電だけでなく、耐熱ガラスや屋根や外壁の断熱工事なども対象になります。



耐震補強は、近年の相次ぐ震災で住宅の耐震の関心が高まり、国や自治体でも、古い住宅の倒壊の危険を懸念して、安全性の確保のために助成金制度を設けています。

江戸川区では、専門知識に精通した耐震アドバイザーを無料で派遣し、住民の相談にのっています。
助成金の対象条件は、昭和56年以前に着工された江戸川区にある建物で、木造住宅であれば100万円〜150万円を限度で助成金が受けられます。

3階以上の分譲マンションも助成金の対象で、改修故事にかかった費用の1/2〜2/3の助成率で自治体が負担してくれます。助成金のリフォームは古い建物が対象ですが、自治体に相談してみれば、助成金の対象になるかもしれないので問い合わせてみるのが賢明な方法です。