江戸川区の人口の推移とリノベーション

subpage01

1970年以降の江戸川区の人口は急激な増加傾向にあります。

1970年代の頃は約45万人人だった人口も、1990年代に入ると約56万6千人まで増加するなど、僅か20年の中で20万人近い人口増加が行われています。

更に、2016年10月時点での人口は約68万6千人まで増えており、年々人口の増加が見込まれている行政区と言った特徴があります。人口の増加に伴い、江戸川区は宅地化が進んでおり、新規分譲マンションや新築住宅などの供給が行われていると言った特徴があります。古くから江戸川区に住む人などの場合も、生活環境が良いなどの理由からも、家を建て替えして住み続けている人も多くいますし、リノベーションリフォームを行って、現在のライフスタイルに合う間取りにして住み続けている人など様々です。

リノベーションは別名「スケルトンリフォーム」と言われているのですが、骨格以外を残して内装を解体する、そしてその様子がスケルトンの状態である事からもスケルトンリフォームと言われているのです。



住みやすい環境の中で家を建て直すとなれば、膨大な費用がかかりますが、リノベーションの場合は家の構造体を流用出来るので、建築コストを抑えて住みやすい我が家に変える事が出来ます。

葛飾区のリフォーム関連の情報をたくさん掲載しています。

また、江戸川区内には古い時代に建設されたマンションもありますが、マンションもリノベーションが可能になるため、築年数が経過している中古マンションを購入し、住みやすい間取りにリノベーションする人も少なくありません。